かかりつけの医療機関を持つこと

日本ではかかりつけ医を持つという考えはあまりないようです。
海外ではホームドクターを持ち、体調不良の際には受診をするシステムが広まっています。
しかし日本ではかかりつけ医を持って健康管理を行う習慣があまりありません。
本来であればかかりつけ医を持ち、ちょっとした体調の変化にも応じることができるようにしておくべきです。
もしも大きな病気が隠れているのであれば、そこで初めて規模の大きな医療機関にかかるというシステムにしたほうが医療費を抑えることができたり、大学病院や総合病院のスタッフの負担も軽減させることができるでしょう。
国が定めた方法ではありませんが、出来るだけ個人でかかりつけ医を持つことを考えたほうがよいでしょう。
中には生涯ずっと同じ医療機関にお世話になるという人もいるかもしれません。
カルテが保存されていれば、子どもの頃からの既往歴も分かるようになりますし、適切な治療を受けることができるかもしれません。