医療の現場で働く介護士の視点というのは

医療の現場で、ケアワーカーとして働いていたことがあります。
看護師と介護士と同じような制服の為に、一緒に考えている入院患者さんもいましたので、今回はそのことについて考えていたいと思います。
医療の現場では、看護師は医師の傍に立ち医師の介助のすることになりますが、介護士は医療行為に手を出すことはできません。
入院患者から、症状を聞くことができますが、自分の判断で薬を出すこともできないことが多く、よく勘違慰してしまい、どんなに説明しても納得してくれないことが多かったです。
なぜ、介護士が医療の現場にいるのかと聞かれたときの私の答えは、入院されている患者の様子を日頃から確認をしています。
食事の量、排泄について、日常動作についての観察する立場であり、そのことについて医師と看護師に報告することで医療がスムーズに行うことと感じています。
とくに、入院している高齢者にとっては、治療や、リハビリの短い時間の間、介護士は医療現場の中で社会復帰の為の手助けする立場として、介護士がいることをかんじました。